logo

ニコニコチャンネル月額有料会員数が90万人に--全チャンネルの累計収益は100億円以上

佐藤和也 (編集部)2019年02月13日 16時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは2月13日、動画サービス「niconico」におけるニコニコチャンネルにて、月額有料会員数が90万人を突破したと発表した。

 ニコニコチャンネルは、企業、団体、一般ユーザーが動画や生放送、記事コンテンツを配信できるプラットフォーム。同社によれば、月額有料会員数は5年で6.5倍。2018年は新チャンネル群の成功などで24万人増となったという。

ニコニコチャンネル月額会員数の推移
ニコニコチャンネル月額会員数の推移

 ニコニコチャンネル月額有料会員数1位は「メンタリストDaiGoの『心理分析してみた!』」となっており、月額有料会員数が8万人(2月時点)を突破したほか、累計収益は総額2億5000万円、単月収益でも3000万円以上になったとしている。

月額有料会員数上位50チャンネル(五十音順)
月額有料会員数上位50チャンネル(五十音順)

 また、ニコニコチャンネルの月額有料会員数の増加に伴い、チャンネル運営者が受け取ることのできる収益も増加。2018年12月時点で、5年前の約20倍となる212チャンネルが累計収益1000万円を達成したほか、ニコニコチャンネルの全チャンネル合計では、5年前の約30倍となる累計収益100億円を突破したとしている。

全チャンネルの累計収益受取額の推移
全チャンネルの累計収益受取額の推移

 このほか、オンライン寄せ書き「yosetti」(ヨセッティ)とのサービス連携を開始。これにより、ユーザーがより積極的にチャンネル内の企画に参加できるようになるなど、配信者とファンの関係性がより深まりやすい仕組みを強化。チャンネル内のコミュニティ活性化に利用されているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]