logo

「Googleマップ」、矢印で道順を示すARナビ機能をテスト中

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月12日 06時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Googleマップ」に拡張現実(AR)がやってくる。

GoogleマップのAR機能
GoogleマップではAR機能をテスト中だ
提供:Richard Nieva/CNET

 Googleは米国時間2月11日、Googleマップアプリの歩行者用ナビ機能のアップデートをテスト中であることを明らかにした。端末のカメラと画面上の矢印によって道順が示されるようになるという。同社は5月の開発者会議「Google I/O」でこの新機能を初めて発表した。11日の発表によると、同アプリの「ローカルガイド」に参加する少数のユーザーを対象に今回のアップデートを提供するという。ローカルガイドとは、ボランティアとして地元の施設などに関する情報を提供し、新機能をテストする、Googleマップのユーザーコミュニティーだ。

 Googleは、10億人を超えるユーザーを擁するGoogleマップの機能拡充に努めており、今回のARナビゲーションの発表もその一環だ。2018年5月には、ユーザーに合ったおすすめ情報を提供する「For you(おすすめ)」タブや、レストランなどの施設がユーザーの好みにどれだけマッチしているかを示す「match score(おすすめ度)」など、同アプリのソーシャル化を図る機能を発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]