logo

独り身でも大丈夫!バレンタインの「Googleアシスタント」活用法

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月10日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人によってはバレンタインデーはつらい1日になるかもしれない。だが当日を一緒に過ごす人がいなくても、「Googleアシスタント」を頼ることができる。

 Googleは米国時間2月7日、「Romance Report: A look at love in 2019」(ロマンスレポート:2019年の愛の考察)を発表し、Googleアシスタントが特別な人(というより物)になってくれる、さまざまな方法を紹介した。このレポートでは「Call the love doctor」(ラブドクターを呼び出して)という見出しと共に、新たな参考としてGoogleアシスタントへのコマンドが紹介されている。

Getty Images
「ヘイGoogle、愛って何?」
提供:Getty Images

 例えば、「Hey Google, serenade me」(ヘイGoogle、セレナーデをかけて)と命じれば、ラブソングを流してくれる。「Hey Google, Happy Valentine's Day」(ヘイGoogle、バレンタインデーおめでとう)と述べると、8カ国語での「I love you」(愛してる)の言い方を教えてくれる。また、「Hey Google, tell me a fact about love」(ヘイGoogle、愛に関する事実を教えて)と命じると、動物の愛情表現方法についての情報を教えてもらえる。

 このレポートはさらに、「パートナーとの充実した時間の過ごし方」や「抱きしめ合い方」、「自作のバレンタインカード」といった恋愛に関する一般的な検索内容も提示している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]