logo

名刺管理「Sansan」がマーケツール「ferret One」と連携--ユーザーを紐付けて訴求

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2019年02月08日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベーシックは2月8日、同社が運営するオールインワンマーケティングツール「ferret One」が、Sansanが提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の名刺データと連携を開始したと発表した。

キャプション

 ferret Oneは、ウェブサイト作成や訪問者のアクセス解析、顧客管理、メール配信、フォーム作成など、ウェブマーケティングに必要な機能をまとめたオールインワンマーケティングツール。

 今回、Sansanが提供するSansanとAPIによる名刺データの連携を開始した。これにより、Sansanに保存された名刺データを自動でferret Oneに取り込めるため、CSVファイルによる抽出やファイルをアップロードする手間が不要となり、最新の名刺データをいつでも同期できるようになる。

 対象の名刺データ項目は、期間、会社名、氏名、メールアドレス、電話番号、携帯番号、名刺入力状態(入力中・入力済み・読み込み不可)。

キャプション

 また、同期した名刺データはferret Oneの問い合わせフォームに登録されたユーザー情報と紐付けられるため、詳細なユーザー情報の把握が可能。これにより、ユーザーの状況に応じたメールコミュニケーションなどが可能になるため、効率的なマーケティング活動ができるようになるとしている。

 同社では、「Sansan Open API」の積極的な活用を通じて、経営資産である名刺データの活用を推進し、あらゆる企業が専門知識を問わず、誰でも簡単にウェブマーケティングを活用できるファストマーケティングの世界を実現させたいとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]