logo

アップルが「FaceTime」のバグ修正--ソフトウェアアップデートを今週リリースへ

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月04日 08時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが、盗聴に悪用される恐れがあった「グループFaceTime」のバグを修正した。

FaceTime
提供:César Salza / CNET

 Appleは米国時間2月1日の声明で、同社のサーバの問題を修正しており、2月4日の週にソフトウェアアップデートをリリースし、グループFaceTimeを再び利用できるようにすると述べた。

 このバグによって、「iPhone」「iPad」「Mac」などのAppleの端末が、偶発的にも意図的にも盗聴器のようになってしまう恐れがあった。グループFaceTimeは最大32人が同時に通話できる機能で、2018年10月に「iOS 12.1」とともにリリースされた。

 Appleは、影響を受けたユーザーに謝罪した。「当社は製品のセキュリティを非常に重視し、Appleの顧客の信頼を築いていくために尽力している」と述べている。

 今回のバグはAppleに新たな痛手となる。同社はユーザー情報を保護する自社の取り組みを前面に示してきた。最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は、プライバシーに関するさらなる規制の必要性を主張し、ユーザーデータを利用してパーソナライズド広告を作成する企業などを遠回しに批判している。

 迅速に問題を修正できなかったことも状況を悪化させた。

 Appleは声明の中で、バグを報告したThompson親子に感謝の意を表した。米CNETが報じたとおり、Michele Thompsonさんの息子(14歳)が、ゲーム「フォートナイト」をプレイしていたときにこのバグを発見した。Thompsonさんは1週間にわたって、さまざまな手段でAppleに警告しようとしたという。「通知しようと精一杯努力したが、聞き入れてもらえなかった」とThompsonさんは述べていた。

 今回のバグは、ユーザーがFaceTimeで他の端末を呼び出したときに、相手が応答する前に相手側の音声が聞こえる可能性があるというものだ。デバイスの音声が気づかないうちに聞かれてしまう恐れがあった。

 奇しくも「データプライバシーデー」に今回の問題が報じられた

 Appleは、報告を受けてエスカレーションするプロセスの改善に取り組んでいると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]