logo

アップル「FaceTime」、通話相手が応答前に音声が聞こえる恐れのあるバグ

Claire Reilly (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月29日 18時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間1月28日、ビデオ通話サービス「FaceTime」のバグで、「iPhone」や「Mac」の音声が気づかないうちに聞かれてしまう恐れがあるという報道がソーシャルメディアで注目を集めた。

 9to5Macが報じた後に米CNETが確認したところによると、iPhoneユーザーがFaceTimeで通話を開始しようとし、(呼び出し中に通話の参加者として自分自身の番号を追加すると)、受信者が電話に出る前でも受信者の音声が聞こえてしまうというバグが発生した。さらに驚くことに、受信者がiPhoneの電源を押して着信を拒否すると、端末のカメラからビデオ映像が送信されてしまうという。

 28日午後にAppleが米CNETに述べたところによると、同社はバグの修正に取り組んでおり、「今週中に」ソフトウェアアップデートで対応する予定だという。

 同日夜、Appleの「システム状況」のページが更新され、「グループFaceTime」が「一時利用不可」となった(現在はFaceTimeが「問題」となっている)。

 もし心配であれば、FaceTimeをオフにすることもできる。 iPhoneまたは「iPad」では、「設定」から「FaceTime」を選択し、ボタンを左にスライドさせればよい(ボタンの色が緑色から灰色になる)。

Apple FaceTime
Appleに新たに発生したバグの被害を被りたくなければ、FaceTimeをオフにした方がいいかもしれない
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]