logo

アップル「FaceTime」のバグ、少年が1週間以上前に発見していた

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月30日 08時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界中の誰もが気づく前に、アリゾナ州に住む14歳の少年が、友人とゲーム「フォートナイト」をプレイしていたときに、Appleのビデオ通話アプリ「FaceTime」のバグを発見した。

FaceTime
提供:James Martin/CNET

 Michele Thompsonさんの息子であるこの少年は米国時間1月19日、友人とFaceTimeでグループ通話を始めた。オンラインゲームをプレイしながら会話するためだ。少年が1人の友人を追加したところ、その友人がまだ通話に応答していないにもかかわらず、その友人のスマートフォンを通して会話が聞ける状態になった。

 少年はまず、弁護士である母親にバグを知らせた。母親は、バグが広く知られる前のこの1週間、Appleに警告しようと努力したという。

 Appleユーザーは、「iPhone」「iPad」「Mac」など、グループFaceTimeが使える任意の端末を、基本的に盗聴器にしてしまうことのできる深刻なセキュリティホールにさらされていた。このバグが初めて公に知れ渡ったのは28日で、それを受けてAppleはグループFaceTime機能を一時的に無効にした。

 FaceTimeの脆弱性に気づいた少年は、その状態を何度も繰り返して、バグが実際に存在することを確認した上で、母親に見せた。母親は、最初は半信半疑だったが、自分で複数回問題を再現した後に確信したという。そこで、Appleに警告する努力を始めた。

 Thompsonさんは先週、複数回のツイート、Facebookメッセージ、Apple宛ての電子メール、サポートラインへの電話などで、通知しようとしたという。22日には自身の法律事務所のレターヘッドが印刷された用紙で、バグに関するFAXをAppleの法務顧問宛てに送信した。25日には、脆弱性を実際に示す動画をYouTubeにアップロードし、Appleに複数回通知した。

 「通知しようと精一杯努力したが、聞き入れてもらえなかった」とThompsonさんは述べた。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

 Appleの担当者はThompsonさんとの電話で、同社にバグを報告するには開発者としての登録が必要だと伝えたという(Appleは自社のバグ報奨金プログラムを設けている)。Thompsonさんはその通りにして、23日に同社から回答を受け取った。しかし、Appleがこの不具合を修正することを示す内容ではなかったという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]