logo

「Google+」一般向けサービス、4月2日に終了

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月01日 09時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間1月30日、「Google+」のコンテンツの削除を4月2日から開始すると発表した。

Google+
提供:Adam Berry / Getty Images

 Googleは2018年10月、最大50万人のGoogle+ユーザーの個人データが2015年~2018年3月の間に流出した恐れがあることを認め、一般ユーザー向けGoogle+のサービスを終了する計画を明らかにしていた。

 Googleは当初、2019年8月にサービスを終了するとしていたが、2018年12月にさらなるバグがあったことを明らかにするとともに、終了日を4月に前倒しすると発表していた。

 ユーザーはコンテンツが削除される前に、Google+に投稿した写真や動画を保存する必要がある。Googleは4月2日より、サービス終了とともに、ユーザーのGoogle+アカウントを終了し、ページや写真、動画などのコンテンツの削除を開始する。

 バグの元凶となったGoogle+ API開発者向けツールは3月7日に提供が終了される。Googleの製品マネージャーを務めるDavid Conway氏がブログ記事で明らかにしている。

 「G Suite」のユーザーは引き続きG Suiteアカウント用のGoogle+を利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]