logo

サムスン、世界初の15.6インチ4K OLEDディスプレイを発表--プレミアムノートPCに続々導入か

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2019年01月24日 13時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界最大級の家電見本市「CES 2019」では、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したノートPCがついに登場することを確信させる展示が相次ぎ、HPやDellがOLEDディスプレイを利用したハードウェアを披露した。そんな中、今度はサムスンが、世界初となる15.6インチの4K OLEDディスプレイを正式発表した。

提供:Samsung
サムスンは世界初となる15.6インチの4K OLEDディスプレイを公開した
提供:Samsung

 Samsung Displayによれば、このOLEDパネルは液晶ディスプレイ(LCD)よりもはるかに優れており、「黒を200倍濃く、白を2倍明るく表示」することで高画質のHDRをサポートするという。

 この15.6インチ超高精細(UHD)OLEDパネルは、輝度が0.0005〜600ニット、ダイナミックコントラスト比が12万対1となっている。また、VESAの新しい「DisplayHDR True Black」規格に対応しており、プレスリリースによれば、「人の目とほぼ同じレベルの高いコントラスト」で画像を表示できるという。

 OLED技術とLCD技術が根本的に異なる点は、LCDパネルがバックライトによって背面から照らされているのに対し、OLED技術では個々のピクセルが光源になっていることだ。

 Samsung Displayは、2月中旬から15.6インチUHD OLEDパネルの量産を始めると述べている。

 OLEDパネルを搭載したプレミアムノートPCについては、Dellが「XPS 15」「Alienware m15」を今春にリリースする予定だ。また、HPが2in1ノートパソコン「HP Spectre x360 15」のOLED搭載バージョンを3月にリリースするという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]