logo

「iOS 12.1.3」リリース--メッセージ表示などの問題を修正

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年01月23日 06時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間1月22日、2019年初の「iOS」アップデートを「iPhone」と「iPad」のユーザーにリリースした。このアップデートには、「メッセージ」アプリ、「CarPlay」、「HomePod」に影響を与えていたものを含む、多数のバグ修正が含まれている。

 リリースノートによると、「iOS 12.1.3」の内容は以下のとおり。

  • 「メッセージ」の「詳細」表示で写真のスクロールに影響する可能性のある問題を修正
  • 共有シートから送信すると写真に縞模様が入る可能性のある問題に対処
  • iPad Pro(2018)で外部オーディオ入力デバイスを使用するときに、音声のゆがみが生じる可能性のある問題を修正
  • 特定のCarPlayシステムでiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxとの接続解除を引き起こす可能性のある問題を解決

 このリリースには、HomePodで発生していたバグの修正も含まれる。

  • HomePodの再起動を引き起こす可能性のある問題を修正
  • Siriの聞き取りを妨げる可能性のある問題に対処

 上記以外にも、任意のコードの実行に利用される恐れのあるBluetoothの問題や、攻撃者によってリモートでFaceTimeの通話を起動される恐れのあるのバグなど、さまざまな脆弱性に対するセキュリティ修正が含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]