logo

高齢者の「Apple Watch」購入に補助金を--アップルがメディケア提供元と交渉か

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月17日 10時22分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは高齢者が「Apple Watch」を購入する際に補助金を得られるように、少なくとも3社のメディケアプラン提供元と交渉しているという。CNBCが米国時間1月16日に報じた。高齢者がApple Watchをヘルストラッカーとして使えるようにするためだという。

 メディケアは米国政府が管轄する高齢者向け医療保険制度。民間の健康保険会社が政府から支払いを受けて高齢者にサービスを提供することもある。1900万人の高齢者が加入している「Medicare Advantage」プランもその1つだと、CNBCは報じた。

 「Apple Watch Series 3」の価格は279ドル(日本では税別3万1800円)からとなっている。「Apple Watch Series 4」の価格は399ドル(同4万5800円)からで、転倒検知機能のほか、米国では心拍の異常について装着者に警告する心電図(EKG)機能も提供されている。これらの機能は特に高齢者に恩恵をもたらす可能性がある。

 この問題に詳しい人物らはCNBCに対し、正式な合意はなされていないと語っている。Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]