logo

Alphabet傘下の気球ネット網「Loon」、諮問委員会を設置--通信業界のベテラン迎える

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年01月16日 13時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの親会社であるAlphabetは、無線ブロードバンドプロジェクト「Loon」の市場投入を支援してもらうため、業界でよく知られる経験豊富なベテランを数名迎え入れた。

 Alphabetは米国時間1月15日、McCaw Cellularの創業者であるCraig McCaw氏が、新設される諮問委員会の発足メンバーに加わると述べた。McCaw Cellularは米国の最初期の携帯電話会社であり、1994年にAT&Tに売却された。また、Verizonの幹部だったMarni Walden氏や、Telefonicaの元最高データ責任者で現在はEvernoteの最高経営責任者(CEO)のIan Small氏も、諮問委員会に加わる。

 数年前に開始されたLoonプロジェクトは、太陽光発電を利用して高高度を飛行する気球を使って上空からWi-Fi信号を伝送する。Alphabetは2018年7月、XからLoonをスピンアウトさせた。XはAlphabetで特に実験的なプロジェクトを担当する研究部門で、そうしたプロジェクトには、自動運転車、スマートコンタクトレンズ、配送用ドローンなどがある。

 Alphabetは以前、2019年にケニアの奥地にインターネット接続をもたらす計画を明らかにしていた。これまで、Loonの気球はテストで利用されており、プエルトリコにおけるハリケーン「マリア」の被害の後など、緊急支援目的で配備されたことがある。

 LoonのCEOを務めるAlastair Westgarth氏はブログ記事の中で、商用化準備の一環として世界中の移動体通信事業者(MNO)と提携する意向を示した。

Loon
Loonの親会社であるAlphabetは、Loonの商用サービスへの移行を視野に入れている。
提供:Alphabet

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]