logo

グーグル従業員ら、セクハラなどの「強制仲裁」撤廃を企業に求める抗議活動

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月16日 07時10分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの従業員らが2018年11月、社内のセクハラ問題に対する同社の対応に抗議してストライキを実施した時に要求していたことの1つが、セクハラや差別に対する「強制仲裁」のポリシーの撤廃だった。強制仲裁は、従業員が社内で苦情を訴えた際に雇用主を提訴できないことを意味する場合が多い。

 Googleはその要求を部分的に受け入れ、セクハラ問題を扱う際の慣行を取りやめた。しかし、従業員らはその変更が十分でなかったとし、Googleのある従業員グループは現在、その慣行の全面撤廃を大手IT企業らに求めている。

 「Googlers For Ending Forced Arbitration」(強制仲裁の撤廃を求めるグーグラー)というこのグループは米国時間1月15日、Googleとその他のシリコンバレー企業に圧力をかけることを目的とした、ソーシャルメディアキャンペーンを開始した。抗議活動は、同グループのTwitterアカウントInstagramアカウントで展開され、参加者らは強制仲裁に関する事実や、この慣行による影響を受けた従業員とのインタビューを投稿する。

 「業界における30社を超えるテクノロジ企業と10社を超える臨時/業者出向/契約社員(TVC)派遣会社の従業員にアンケートをとったところ、透明で公平な職場の3つの基本条件を満たす企業は1社もなかった」と、同グループは15日午前にツイートした。

 一連のツイートは太平洋時間午前6時に始まり、午後3時まで続く予定だ。キャンペーンを展開する従業員グループは14日、Googleが契約書や内定通知で今でも古い仲裁ポリシーを適用しているとも述べた

 Googleはコメントの依頼に応じなかった。

 従業員グループによると、強制仲裁の影響を受ける米国人は6000万人にものぼるという。

カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoogle本社
カリフォルニア州マウンテンビューにあるGoogle本社
提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]