logo

AMD、第2世代「Ryzen」モバイルプロセッサを発表--12nmプロセス採用

Adrian Kingsley-Hughes (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年01月07日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)は家電見本市「CES 2019」の開幕に先立ち、モビリティ関連のラインアップに加わる一連の新型プロセッサを発表した。超薄型ノートPC向けの世界最速プロセッサとうたう第2世代の新型「Ryzen 3000」シリーズなどだ。

 12ナノメートル製造技術で生産されるAMDの新型Ryzen 3000シリーズモバイルプロセッサは、最高水準のパフォーマンスを実現するほか、「Wake on Voice」「Modern Standby」、スムーズなPCゲーミングなどのハイエンド機能を備え、4K HDRストリーミングに対応する。

 バッテリ持続時間は、動画再生で最大10時間。

 パフォーマンスの面では、AMDによると「Ryzen 7 3700U」は「Intel Core i7-8550U」より最大29%速くメディアを編集でき、また「Ryzen 5 3500U」は「Intel Core i5-8250U」より最大14%速くウェブサイトを読み込めるという。

 AMDのClient Compute部門で上級副社長兼事業部総括を務めるSaeid Moshkelani氏は次のように述べている。「ユーザーは、日々のタスクとCPUへの負荷が高い体験の両方で優れた性能を発揮するモバイルPCを期待しており、AMDは最新のモバイルプロセッサポートフォリオにより、あらゆるレベルの市場でまさにそうした製品を提供できる。ノートPCユーザーは、最新の現代的機能を体験しながら、ストリーミングやゲーミング、作業を高速化したいと考えている。画期的なエンターテインメント体験を可能にすることで、AMDは、超高速パフォーマンス、リッチなグラフィックス、長く持続するバッテリによってそうした期待に応える、かつてないほど多様なAMD製品搭載ノートPCを提供できることを喜ばしく思っている」

 AMDはさらに、「Chromebook」向けに第7世代の「A-Series」プロセッサ2種も発表した。

 AMDのデータによると、「A6-9220C」プロセッサはIntelのプロセッサと比べて以下の点で優れているという。

  • 「Intel Pentium N4200」より最大23%高速なウェブブラウジングと、「Intel Celeron N3350」より最大24%高速なウェブアプリケーションのパフォーマンス。
  • Intel Pentium N4200の最大3.2倍高速な電子メールのパフォーマンスと、Intel Celeron N3350より最大74%優れたオフィスアプリケーションの生産性。
  • Intel Pentium N4200より最大42%高速な写真編集のパフォーマンスと、Intel Celeron N3350より最大43%高速なウェブゲーミング体験。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]