logo

サムスンのスマートテレビ、アップル「iTunes Movies and TV Show」と「AirPlay 2」に対応へ

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月07日 09時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは現地時間1月6日、同社のスマートテレビが2019年春から、「iTunes Movies and TV Shows」に対応する予定だと述べた。Appleの動画ストリーミングサービスはかねてから憶測されており、2019年の早い時期に登場するとの予想もある。サムスンの動きは、これと時期を合わせたものである可能性がある。

 iTunesのサポートにより、100を超える国で、サムスンのテレビからiTunesライブラリにアクセスしたり、iTunesの動画コンテンツを購入、レンタルすることが可能になる。

 2018年モデルも、ファームウェアアップデートで対応するとサムスンは述べている。

 また、サムスンのスマートテレビは、「AirPlay 2」もサポートする予定だ。AirPlay 2は、Appleのアップグレードされたオーディオストリーミング技術で、動画や音楽などのコンテンツをApple製デバイスからテレビに簡単にストリームできる。サムスンによると、AirPlay 2は190カ国でサポートされる予定だという。

 Appleのインターネットサービスおよびソフトウェアを統括するEddy Cue氏は声明で、「『Samsung Smart TV』を通じて、世界中のさらに多くの顧客がiTunesとAirPlay 2を体験できるようになり、『iPhone』『iPad』『Mac』のユーザーに、お気に入りのコンテンツを自宅の最も大きなスクリーンで楽しむためのさらなる手段が提供されることを楽しみにしている」と述べた。

 サムスンは、「CES 2019」の開幕に先立って今回の発表を行った。

 サムスンとAppleはスマートフォン関連の特許をめぐって訴訟を繰り広げてきたが、サムスンは世界最大規模のテレビベンダーであり、Appleにとってサムスンとの連携は理にかなった動きだ。同社が独自の動画配信サービスの提供開始に向けて準備を進めている状況を考えるとなおさらだ。

Samsung
提供:Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]