logo

アイマス好き記者が見たスマホブラウザゲーム「シャニマス」独断偏見インプレッション

佐藤和也 (編集部)2018年12月30日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET Japanの編集記者が気になったサービスや話題のトピックなどを、独自の視点で紹介していく連載「編集記者のアンテナ」。主にゲームを中心としたエンターテイメント領域を取材している佐藤が担当。今回は、BXDのHTML5を活用したスマートフォン向けブラウザゲームプラットフォーム「enza」で提供されている、バンダイナムコエンターテインメントの「アイドルマスター シャイニーカラーズ」について取り上げる。

近年のアイマスシリーズはスマホ向けリズムゲームアプリが主流となっていたが、本作ではHTML5を活用した2D表現で、育成とオーディションをテーマにしたタイトルとなっている
近年のアイマスシリーズは3D表現によるスマホ向けリズムゲームアプリが主流となっていたが、本作ではHTML5を活用した2D表現技術を駆使し、育成とオーディションをテーマにしたタイトルとなっている

283プロダクションを舞台とした、トップアイドルを目指す新たな物語

 本作は「アイドルマスター」シリーズのひとつで、2018年4月に完全新作としてリリースされたアイドル育成&ライブ対戦ゲーム。プレーヤーは283(ツバサ)プロダクションのプロデューサーとなり、新たに登場したアイドルたちの育成やコミュニケーション、全国のプロデューサーとのライブ対戦を楽しむことができる。

アイドルたち以外にも、プロデューサーのサポート役となる七草はづきと、シルエット姿の283プロ社長の天井努が登場する
アイドルたち以外にも、プロデューサーのサポート役となる七草はづきと、シルエット姿の283プロ社長の天井努が登場する

 メインとなるプロデュースモードの目的は、283プロダクション所属するアイドルから1人を選んで育成し、新人アイドルの祭典「W.I.N.G.」(ワンダーアイドルノヴァ・グランプリ)へ出場するとともに、そこで優勝すること。レッスンやお仕事のスケジュールを考えつつ、プロデュース活動を通じてアイドルとの交流を図っていく。そしてオーディションでファンを獲得。アイドルランクを上げていく内容となっている。

プロデュースモードにおけるメイン画面。シーズンの残り期間やランクアップに必要なファン人数、流行なども確認できる
プロデュースモードにおけるメイン画面。シーズンの残り期間やランクアップに必要なファン人数、流行なども確認できる

 事前に育成対象となる「プロデュースアイドル」1人と、サポートする「サポートアイドル」5人を編成。283プロダクションは16人のアイドルが在籍し、あらかじめ結成されたユニットにそれぞれ属しているが、編成ではユニットに関係なく自由に組むことが可能となっている。

プロデュースアイドル1人と、サポートアイドル5人を編成。サポートアイドルのうち1人はゲスト枠で、ライブ(オーディション)には参加しない
プロデュースアイドル1人と、サポートアイドル5人を編成。サポートアイドルのうち1人はゲスト枠で、ライブ(オーディション)には参加しない

 プロデュースアイドルとサポートアイドルは、ガシャやゲーム内イベントの報酬などで入手できる。プロデュースアイドルの基本的な能力(パラメータ)は、レッスンやお仕事などプロデュースの過程で上昇。サポートアイドルにはレベルの要素があり、トレーニングチケットや営業でレベルを上げることができる。基本的にレアリティの高いものほど潜在的に持つ能力が高くなっている。また同じイラストのアイドルが重複した場合は「特訓」をすることができ、強力なスキルパネルが解放できるなど、真価を発揮しやすくなる。

ガシャは、enzaで使用できるバナコインのほか、ゲーム内で付与されるフェザージュエルで引くことができる
ガシャは、enzaで使用できるバナコインのほか、ゲーム内で付与されるフェザージュエルで引くことができる
ガシャでプロデュースアイドルやサポートアイドルを入手。レアリティが高い場合は特殊な演出になる
ガシャでプロデュースアイドルやサポートアイドルを入手。レアリティが高い場合は演出が入る
ガシャでアイドルを入手。レアリティが高い場合は特殊な演出になる
レアリティの高いSSRのプロデュースアイドルでは、全画面でのアニメーション演出が入ったあとにアイドルが登場する
トレーニングチケットを使ってサポートアイドルのレベルを上げると、プロデュースが有利に運びやすい
トレーニングチケットを使ってサポートアイドルのレベルを上げると、プロデュースが有利に運びやすい
プロデュースアイドルとサポートアイドルともに、4段階までの特訓が可能
プロデュースアイドルとサポートアイドルともに、4段階までの特訓が可能
12月下旬に実装されたばかりの営業。サポートアイドルを営業に出して、一定時間を経過すると経験値やアイテムなどの報酬が得られる
12月下旬に実装されたばかりの営業。サポートアイドルを営業に出して、一定時間を経過すると経験値やアイテムなどの報酬が得られる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]