logo

サムスン、穴開き画面の「Galaxy A8s」を発表--「Infinity-O」初搭載

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2018年12月11日 10時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが中国で新型スマートフォン「Galaxy A8s」を発表した。同社の「Infinity-O」ディスプレイを初めて搭載しているのが特徴だ。他のスマートフォンがフロントカメラをベゼルやノッチに収めているのに対し、Infinity-Oディスプレイは画面自体に小さな穴を開け、その中にレンズを配置している。

Galaxy A8s
Galaxy A8s
提供:Samsung

 「Android」スマートフォンの画面にノッチがあるかないかが大きな話題となっていることは、端末のデザインに対するユーザーの関心の強さを表している。サムスン独自のアプローチであるInfinity-Oは、画面をスマートフォン前面のほぼ全体に拡大でき、なおかつフロントカメラのスペースも確保するものだ。このデザインが成功すればサムスンは高評価を獲得し、華為(ファーウェイ)やGoogleなど、Androidにおける強力なライバルに並ぶ革新的メーカーとの評判を保てるだろう。

Galaxy A8s
提供:Samsung

 また、次期「Galaxy S」シリーズもInfinity-Oディスプレイを搭載するといううわさは数多く、その場合この製品の外観はGalaxy A8sと同様に、オールスクリーンの隅にカメラ用の小さな穴が開いたものになる。

 現在のところGalaxy A8sは中国でのみ発表されており、同国で12月21日に発売される予定だ。

 SamMobileによると、Galaxy A8sの主な仕様は以下の通り。

  • Full HD+の6.4インチLCDディスプレイ
  • Qualcomm「Snapdragon 710」プロセッサ
  • 6Gバイト/8GバイトのRAM
  • 128Gバイトのストレージ
  • 2400万画素のフロントカメラ
  • 2400万画素/1000万画素/500万画素のトリプルリアカメラ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]