logo
Indiegogo

折り紙のような美しい太陽光発電ランタン兼バッテリ--インドネシアの被災者を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アウトドア遊びの際や、災害などによる停電の際に役立つガジェットとして、太陽光発電に対応したランタン兼モバイルバッテリ「PackLite」を以前取り上げた。

 今回は、PackLiteと同じコンセプトなのだが、デザイン性が高く美しいランタン兼モバイルバッテリ「QWNN」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

美しいデザインの太陽光発電LEDランタン兼モバイルバッテリ(出典:Indiegogo)
美しいデザインの太陽光発電LEDランタン兼モバイルバッテリ(出典:Indiegogo)

 QWNNは、内蔵バッテリに太陽光発電またはUSBで充電しておくと、LEDランタンやモバイルバッテリとして使えるデバイス。充電時や持ち運び時などはコンパクトに畳んでおけるが、広げるとランタンの明かりを広範囲に届けられる。この折りたたみ式のデザインは、折り紙からの着想だそうだ。

デザインは折り紙から着想(出典:Indiegogo)
デザインは折り紙から着想(出典:Indiegogo)

 ランタンの明るさは6段階、45ルーメンから320ルーメンの範囲で調整できる。バッテリ容量は4000mAhあり、最大で48時間の連続点灯が可能という。アウトドアで使うことを想定しており、防水性も備える。

太陽光やUSBで充電(出典:Indiegogo)
太陽光やUSBで充電(出典:Indiegogo)
使用例(出典:Indiegogo)
使用例(出典:Indiegogo)

 さらに、シリア難民へランタンを届ける支援活動「Give Light, Get Light」と連動していたPackLite同様、QWNNの開発チームも2018年10月にインドネシアで発生した地震と津波の被災者へランタンを贈る。Indiegogoキャンペーン経由でQWNNを注文すると、同じ数のランタンをインドネシアの被災者へ提供するとしている。

インドネシアで発生した地震と津波の被災者を支援(出典:Indiegogo)
インドネシアで発生した地震と津波の被災者を支援(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は2万ドル(約225万円)。記事執筆時点(日本時間12月10日16時)で目標の5倍を上回る約10万6000ドル(約1192万円)の資金を集めている。

QWNNの紹介ビデオ(出典:YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]