logo

グーグル、毎年恒例のサンタ村を公開--妖精メーカーも新登場

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月06日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが毎年この時期に提供している「サンタ村」は、ゲームなどができるインタラクティブなクリスマスシーズン向けのサイト。2018年版には新たな機能がいくつか追加されている。

 Googleの米国時間12月4日付けのブログの投稿によると、サンタ村ではクリスマスシーズンを題材にしたゲームをしたり、コーディングのスキルを習得したり、独自のアートを作成したり、世界の様々な地域に関する豆知識を試したりすることなどができる。2018年版では、「妖精メーカー」で妖精をドレスアップすることができ、服装やアクセサリ、髪型、ひげなどをカスタマイズできるようになっている。

Google
サンタ村では、妖精を独自にカスタマイズできる
提供:Google

 クリスマスが近づくと、Googleマップでサンタクロースが北極を出発した後の位置情報を追跡できるようになるという。ほかにも、世界中の「ローカルガイド」が投稿したクリスマスシーズンの写真を見たり、「Google Earth」と「ストリートビュー」を使ってクリスマスの伝統についての知識を試したりすることができる。また、「翻訳」のページで遊ぶと、「Season's Greetings」(季節のご挨拶)や「Happy New Year」(明けましておめでとうございます)を他の言語でどのように言うのかを教えてもらえる。

 Googleは、2004年にGoogle Earthでのサンタの追跡を始め、2012年から子どもたちが特別なクリスマスシーズン向けのページでサンタクロースを追跡できる、独立した機能の提供を開始した

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]