logo

クアルコム、5G対応の「Snapdragon 855」を発表

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年12月05日 06時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommは、多くの「Android」スマートフォンに搭載されることになるであろう同社の次期プロセッサ「Snapdragon 855」を発表した。

 「5G導入に向け、これがモバイルプロセッサとして5G対応スマートフォンに搭載されることになる」と、QualcommのプレジデントであるCristiano Amon氏は米国時間12月4日、ハワイのマウイ島で開幕したSnapdragon Tech Summit 2018で語った。

 同社は、6日までの日程でこの年次技術カンファレンスを開催している。QualcommはサムスンやVerizon、AT&Tなどのパートナーを招いて、2019年の5G対応端末に向けた計画について語った。最新のチップについて詳細は語らなかったが、人工知能(AI)に関する性能、カメラ性能、5Gスマートフォンへの対応などをアピールした。5日にはSnapdragon 855についてさらに詳細を明らかにする予定だ。

 次世代セルラー技術となる5Gによって、速度、無線ネットワークの速度、通信範囲、応答性は格段に高まると期待されている。現在の標準的なセルラー接続よりも10~100倍高速になり、家庭で使われている物理的な光ファイバケーブルよりも高速になる可能性がある。テレビ番組の1シーズン分が数秒でダウンロードできるほか、医者が遠隔手術をリアルタイムでできるようになる。

Qualcomm本社
提供:Shara Tibken/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]