logo

マイクロソフト、コンピュータ教育を推進するCode.orgに約11億円を提供へ

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年12月04日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月3日、非営利団体のCode.orgに対して1000万ドル(約11億3000万円)の資金を提供することを明らかにした。Code.orgは、米国のK-12教育機関(幼稚園年長から高校まで)にコンピュータサイエンス教育を広める活動をしている。

 「コンピュータサイエンスに取り組む学生は、単に未来のソフトウェアエンジニアになるためにコードの書き方を学んでいるのではない。未来の職場で成功するために必要な創造性、批判的思考、問題解決能力を養っているのだ」と、Microsoftは「コンピュータサイエンス教育週間」(Computer Science Education Week)の始まりとなるこの日に発表した声明の中で述べている。

 また、Code.orgのHadi Partovi代表によると、Microsoftは資金援助だけでなく、コンピュータサイエンスを最新の学問分野として認めてもらおうとするCode.orgの活動を、全米レベルや州レベルで支援してきたという。

 Code.orgでは、このような取り組みの1つとして、プログラミング教育キャンペーン「Hour of Code」を、コンピュータサイエンス教育週間に合わせて毎年企画している。これに関連する活動は年間を通じて世界各地で実施されており、「コード(プログラム)の謎を解き明かし、誰もがその基本を学ぶことが可能なことを明らかにして、コンピューターサイエンス分野への参加者を拡大するため」に始まったと、Code.orgはウェブサイトで説明している。

提供:Hero Images/Getty
提供:Hero Images/Getty

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]