logo

グーグルのモバイル検索、単位変換などの利用時に一部の検索結果を非表示に

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月27日 10時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ユーザーがスマートフォンで検索バーを電卓や単位変換の目的で使用していると判断した場合は、検索結果を選択的に非表示にするアップデートをリリースした。

 Search Engine Landが指摘しているように、Googleはこの設計を3月にテストしていたが、入力が曖昧だという問題に突き当たった。例えば、ユーザーがニューヨークの時刻を確認しようとしているものと判断して、New York Timesからの検索結果を非表示にしてしまうことがあった。Googleによると、ブラウザに送信するデータ量を減らすことによって、ページの読み込みを高速化することがその目的の1つだという。

提供:Screenshot by Lori Grunin/CNET
提供:Screenshot by Lori Grunin/CNET

 アップデート後も、例えば「time in London」(ロンドン時間)と入力した場合には、現地時間が表示されるのに加え、The Times of Londonによる最新のツイートや、ウェブ上に公開されているさまざまなコンバーターへのリンクが表示される(Search Engine Landによると、今回の変更に気づいたのはSEOを専門とするSergey Alakov氏だという)。そのほか、4×4の計算結果を知りたい場合には依然として4WD車関連のリンクが表示され、米ドルを英ポンドに変換しようとすると、通貨換算ツールへのリンクが表示される。

 今回の変更は、サードパーティーによるオンライン換算ツールのトラフィックに影響を及ぼす可能性がある。非表示になった検索結果を表示するには、リンクをクリックする必要があるためだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]