logo

凸版印刷、センサと床材を一体化した「ロケーションフロア」開発--「トッパンIoT建材」開始

加納恵 (編集部)2018年11月20日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷は11月19日、建装材とIoTを組み合わせた「トッパンIoT建材」事業の取り組みを開始したと発表した。第1弾として、床材と圧力センサにより、位置検出ができる「ロケーションフロア」を開発した。12月から、不動産事業者や住宅メーカー、医療・介護業界、自治体などに向け販売を開始する。価格は25万円~。

「ロケーションフロア」。踏んだ感触も通常の床材と変わらない
「ロケーションフロア」。踏んだ感触も通常の床材と変わらない

 ロケーションフロアは、位置情報を測定するセンサと床材を一体化し、床を歩いているだけで、その位置情報をクラウドサーバに発信できるというもの。センサが踏まれた圧力で自己発電する省エネルギーを実現する。

 踏んだ感触も通常の床材と変わらないため、従来見守りサービスで使われているカメラや赤外線センサと比較し、より自然に、ストレスフリーな見守り機能を提供できるとのこと。特別な配線工事などが不要で、通常の床材と同様の施工ができるため、短納期、低コストで利用可能だ。

 今後は、体組成計を組み込み、日常生活の中で自然に体重・体脂肪率などの身体情報を取得できる床材のほか、情報を表示できる壁材などの開発を考えているとのこと。トッパンIoT建材の開発を進めラインアップを強化、IoT建材事業全体で、2025年までに約100億円の売上を目指す。

「ロケーションフロア」構造
「ロケーションフロア」構造

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]