logo

[ブックレビュー]怒りを手放し人生を楽に--「『怒り』が消える心のトレーニング」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディスカヴァー・トゥエンティワン
詳細:単行本(ソフトカバー) / 206ページ / ディスカヴァー・トゥエンティワン / 著者:安藤 俊介 / 発売日:2018/09/26 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×12.8cm×1.3cm / 重量:0.2kg
内容:つい怒ってしまうのは人間にはよくあることだが、だからといって、常に怒りに心を支配されていても、いいことは一つもない。まず自分自身が何かに怒っていて不機嫌では、楽しくないし、そのような人には誰も手を貸してくれない。いったん怒りを手放してみると、とても生きやすいことに気づく。
「『怒り』が消える心のトレーニング」
「『怒り』が消える心のトレーニング」

 つい怒ってしまうのは人間にはよくあることだが、だからといって、常に怒りに心を支配されていても、いいことは一つもない。まず自分自身が何かに怒っていて不機嫌では、楽しくないし、そのような人には誰も手を貸してくれない。いったん怒りを手放してみると、とても生きやすいことに気づく。

 とは言え、怒りを簡単に手放すことなどできないと考えるのも当然だ。しかし、「アンガーマネジメント」を学ぶことで、案外簡単に「怒らない自分」になれたりもするのだ。それを、生きていく中で自然にできていく人もいるが、本書のようなアンガーマネジメントに関する本の助けを借りて学び、実践してみるだけでも、その後の人生がだいぶ違ってくるだろう。そう、怒りをコントロールできるようにすることは、自分の人生そのものに関わる重大なことなのだ。

 本書のタイトルに「トレーニング」とあるが、怒りをコントロールするのには、訓練が必要だ。難しいことかもしれないが、新しい視点や立場について本書で知るだけでも、昨日までの自分とは少し違う毎日になるのではないか。「そんな風に思う(思われる)なんて知らなかった」「想像もつかなかった」ことを知ることが、まずは大切なのだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]