logo

ソフトバンク、オフィスや業務フロア向けに清掃ロボット「Whiz」--月額2万5000円で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは11月19日、オフィスや業務フロア向けのバキューム清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」の申し込み受け付けを、2019年2月に開始すると発表した。また、月額2万5000円のレンタルプランでの提供を3月以降に開始する予定。


 Whizは、人型ロボット「Pepper」に続く、ソフトバンクロボティクスが開発・提供する2種類目のロボット。主にカーペットなどの床の清掃を目的とする自律走行が可能な乾式バキュームクリーナーのロボットで、自動運転清掃・洗浄機向けサービス「AI清掃PRO」の対応機種の第2弾となる。ソフトバンクロボティクスが今後さらなる拡大を目指す、ロボット事業の重要な一翼を担う製品だ。

 Whizでは、最初に同機を手押しして清掃エリアの地図データを作成・記憶させる必要はあるが、一度清掃ルートを作成・記憶すれば、後はスタートボタンを押すだけで記憶した地図データを基に清掃ルートを自律走行し、清掃時の品質を一定に保てるという。

 また、清掃ルート上に人や障害物が出現しても、複数のセンサが検知することで回避しながら走行可能。コンパクトなサイズのため小さい部屋などでも小回りよく清掃できるほか、自律走行時に壁などの障害物と距離を離すことなく走行するため、衝突を避けながら隅まで清掃できるとしている。

 サイズ(約)は、全長455mm×全幅474mm×全高653mm(ハンドル引き伸ばし時は全高約1000mm)。重量は約32kg(バッテリを含む)。

 バッテリーにはリチウムイオンバッテリを使用し、駆動時間はノーマルモード時で約3時間、パワーモード時で約2時間。充電時間は約5時間。

 最高走行速度は、約2.5km/h。清掃能力は、約500平方メートル/h。集じん容積は、4.0L(紙パック)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]