logo

ホンダ、初音ミクとドライブ感覚が味わえるアプリ「osoba」--車両情報を発話で提供

佐藤和也 (編集部)2018年11月15日 20時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本田技研工業(ホンダ)は11月15日、ドワンゴと共同開発したiPhone向けアプリ「osoba」(オソバ)のサービスを、2019年1月に開始すると発表した。初音ミクがドライバーに対して、ドライブがより楽しくなる情報を発話するアプリという。

 osobaは、ホンダのオープンスポーツ「S660」(エスロクロクマル)のセンターディスプレイ装備車向けに開発されたもので、USBを経由して取り出した車速、走行距離、外気温、灯火点灯状況などの車両情報をもとに、適切なタイミングでキャラクターがドライバーに対して発話する無料のアプリ。

 今回リリースするosobaの発話キャラクターとして、初音ミクを起用。初音ミクの声でドライブが楽しくなる情報や安全運転に役立つ情報、車両のメンテナンスに関する情報などをドライバーに提供するという。またサービス提供に向け、初音ミク楽曲コンテストをはじめとした企画も展開するとしている。

「osoba」
「osoba」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]