logo

ホンダとGM、無人ライドシェアサービス車両の開発で協業--3000億円以上を出資へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本田技研工業(ホンダ)は10月3日、ゼネラルモーターズ(GM)と同社の自動運転開発子会社GMクルーズホールディングス(クルーズ)とともに、自動運転技術を活用したモビリティの変革という共通のゴールに向けて、協業すると発表した。

 さまざまな使用形態に対応するクルーズ向けの無人ライドシェアサービス専用車両を共同開発し、無人ライドシェアサービス事業のグローバル展開の可能性も視野にいれ、3社合同で進めるという。

 今回の協業に向けて、ホンダはクルーズに7.5億ドル(約857億円)を出資。また今後12年間に渡り約20億ドル(合計27.5億ドル:約3144億円)を出資する予定だという。

 なお、2018年に発表されたソフトバンクによるクルーズへの投資に、今回のホンダからの出資および提携が加わることで、同事者間における取引実行後のクルーズの企業価値評価額は146億ドルになると算定されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]