logo

HTC、VRヘッドセット「Vive Focus」の提供を拡大--VR会議アプリ「Vive Sync」も

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2018年11月09日 12時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTCは米国時間11月8日、仮想現実(VR)をエンタープライズレベルに引き上げる新たな取り組みを発表した。これには、業務用アプリケーション向けの新しいプラットフォームやハードウェア、ソフトウェアが含まれる。

 まず、新しいスタンドアロン型VRヘッドセット「Vive Focus」を米国など各国で発売する。中国では1月に一般発売、日本では10月に法人向けに発売していた。Vive Focusは「Vive Wave」プラットフォームに対応し、3K AMOLEDデュアルディスプレイと「Snapdragon 835」モバイルプロセッサを搭載する。スタンドアロンのヘッドセットなので、他のHTC ViveヘッドセットのようにPCに接続する必要はない。価格は599ドル(約6万8200円)から。

Vive Focusヘッドセット
Vive Focusヘッドセット
提供:HTC

 HTCは、VRプラットフォームであるVive WaveのためのSDKも公開している。これにより、VR開発者は会社用または顧客用のコンテンツを作成し、さまざまなヘッドセットで公開できる。

Vive Sync
Vive Sync
提供:HTC

 HTCは、VRで会議ができる「Vive Sync」アプリも発表した。同時に最大で20人の従業員が会議に参加できる。

 HTCによると、VolkswagenやSimForHealthなどの企業が、すでに研修やシミュレーション、製品設計にViveを利用しているという。

Vive Focusの仕様
Vive Focusの仕様
提供:HTC

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]