logo

米セブン-イレブン、レジなし店舗実現へ--ダラスで「Scan & Pay」機能をテスト

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月06日 13時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次にシャーベットドリンクの「Slurpee」を買うときは、列に並ばなくても済むかもしれない。

 コンビニエンスストア大手の7-Elevenは、買い物客がレジに並ばなくても自分で商品をスキャンして支払いができるスマートフォン用アプリの検証を行っている。この新たな決済機能「Scan & Pay」は、顧客がポイントやクーポンを貯めるロイヤルティプログラム「7Rewards」を利用できる「7‑Eleven」アプリに追加される。

 7-Elevenはまずダラスでこの機能を検証し、他の都市でも検証を行う計画だ。買い物客は7-Elevenのアプリをダウンロードし、ロイヤルティプログラムに登録できる。テスト店舗の付近に来ると、「start scanning(スキャン開始)」というポップアップが表示され、店内で好きな商品をスキャンしていくと、アプリで支払いができる。支払後に送信される確認用QRコードを出口のそばにあるコンファメーションステーションでスキャンしてもらい、退店するという流れだ。

 米国時間10月29日、Walmartの会員制スーパーであるSam's Clubが、ダラスの店舗でスマートフォンで買い物ができるキャッシュレス構想を実験する計画を発表した。会員は選んだ商品をスマートフォンでスキャンしていき、店を出るときに店員にスマートフォンのコードをスキャンしてもらうというものだ。

 レジなし店舗の「Amazon Go」は、コンビニエンスストアで初めて完全なキャッシュレスを実現した。Amazonは2016年12月、シアトルにAmazon Goの1号店を開店した。現在、Amazon Goはシアトルのほかにシカゴとサンフランシスコにもオープンしており、ニューヨークでも開店準備が進められている。

7-Eleven
Slurpeeで乾杯!ダラスの店舗ならレジに並ばなくても購入できる。
提供:7-Eleven

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]