logo

中国のNubia、表裏デュアル画面のフラッグシップスマホ「Nubia X」を発表

Justin Jaffe (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月01日 14時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの流行をすべて蹴散らすかのごとく、中国企業のNubiaが、カメラが背面側にあるだけでノッチ(切り欠け)のない新たなフラッグシップモデルを発表した。

Nubiaのフラッグシップモデル
提供:Nubia

 「Nubia X」は表裏の両方に画面がある。前面にあるのが6.3インチの液晶のメイン画面で、背面にあるのが5.1インチの有機ELのサブ画面。多くのスマートフォンは、Appleの「iPhone XS」やGoogleの「Pixel 3 XL」のように、ノッチにたいていは解像度などが劣っているフロントカメラが埋め込まれているが、Nubia Xのサブ画面はその必要性を排除している。Nubia Xを裏返すとサブ画面が起動し、画面が自撮りに最適なファインダーとなる。

 デュアル画面に加えて、Nubia Xは両サイドに指紋認証機能を搭載している。Nubia Xは他にも多彩な機能を備えている。スペックは以下の通りで、Nubiaの中国語のウェブサイトにも記載されている。

  • 前面ディスプレイ:6.26インチ液晶、2280×1080ピクセル解像度
  • 背面ディスプレイ:5.1インチ有機EL、1520×720ピクセル解像度
  • OS:「nubia UI 6.0.2」(「Android 8.1 Oreo」をベースとする)
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 845
  • GPU:Adreno 630
  • メモリ:6Gバイト/8Gバイト
  • ストレージ:最大256Gバイト
  • バッテリ:3800mAh
  • サイズ:154.1×73.3×8.4mm
  • 重さ:181g

 2015年、中国通信機器大手のZTEが新たなブランドとしてNubiaを始めた。ZTEとNubiaのスマートフォンには中国以外で発売されているものもあるが、Nubia Xの米国などでの価格や発売時期はまだ発表されていない。

キャプション
Nubia Xの裏面は5.1インチの有機EL画面となっている
提供:Nubia

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]