logo

「watchOS 5.1」アップデート適用後に「Apple Watch」が文鎮化--複数のユーザーが報告

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月31日 10時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間10月30日、Apple Watch向けのアップデートをリリースした。このアップデートの狙いは、本体の転倒検知機能が発動した後の緊急アラートを改善することだ。しかし、Twitterで複数のユーザーが報告したところによると、「watchOS 5.1」ソフトウェアアップデートの適用後に一部のユーザーのApple Watch Series 4で障害が発生しているようだ。

 アップデートがリリースされてから数時間のうちに、TwitterRedditで複数のユーザーがアップデート後にApple Watch Series 4が「文鎮化」したと報告している。

 このソフトウェアアップデート問題のニュースは、9to5macも報じている。9to5macも報じているように、AppleはwatchOS 5.1の配信を現在停止しているようだ。同サイトでは、すでにダウンロードしたユーザーにもソフトウェアアップデートを適用しないよう呼び掛けている。

 「iOS 12.1」と共にダウンロード公開されたwatchOS 5.1の重要な改善点は、Apple Watch Series 4で転倒が検出されてから約1分間動かなかった場合、自動的に緊急通報サービスへの連絡して、応急手当にあたってくれる人に、Apple Watchで転倒が検出されたことと、可能な場合は位置座標を共有することを知らせるメッセージを再生するようになったことだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]