logo

NEC×ダンデライオン、AIで“時代のムードを味わえる”チョコレート開発

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気(NEC)とサンフランシスコ発のBean to Barチョコレート専門店のダンデライオン・チョコレート・ジャパンは、AIとチョコレートメーカーのコラボレーションにより、社会を反映する新聞記事からその時代のムードをチョコレートの味わいで再現した「あの頃は CHOCOLATE」を新たに開発したと発表した。

キャプション

 同企画は、NECの「AIによる味覚予測」シリーズとして2017年に発売した、名作文学の読後感をAIで分析しコーヒーの味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」に続く第2弾商品になる。

 なお、同企画では、NECのデータサイエンティストが、新聞1面記事のテキストデータから、代表的な頻出単語(約600語)に対しチョコレートの7つの味覚指標(甘味、苦味、酸味、ナッツ感、フローラル、フルーティ、スパイシー)を付与した学習データを作成。

キャプション

 NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」を活用した「NEC Advanced Analytics Platform with 異種混合学習」に、学習データおよび、大量のテキストデータから構築した単語の意味情報を投入することで約60年分の新聞記事(1960年1月〜2018年8月の約60年分、朝刊一面記事、17万件)記載の単語(約13万8千語)の味をAIが推定。推定された全単語の味を用いて、年ごとの記事を分析した。

 また、その年のムードを表す味覚指標のレーダーチャートを作成し、60個のレーダーチャートから印象的な年として5つの年を選出。作成されたレーダーチャートをレシピとして、ダンデライオン・チョコレート・ジャパンが各時代のムード(5種)をチョコレートで再現した。

 再現されたのは、「1969 人類初の月面着陸味」「1974 オイルショックの混迷味」「1987 魅惑のバブル絶頂味」「1991 絶望のバブル崩壊味」「2017 イノベーションの夜明け味」の5種類。

 予約受付はダンデライオン・チョコレート・ジャパンのオンラインストアのみで10月25日から開始する。商品の引き渡しは、12月21日〜2019年2月14日。なお販売は、ダンデライオン・チョコレートのオンラインストアのほか、ファクトリー&カフェ蔵前店や京都東山一念坂店で行われる。希望小売価格は1620円(税込)。販売期間中でも在庫がなくなり次第、販売は終了する。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]