logo

「Googleマップ」のナビ、iPhoneでも現在地と到着予定時刻の共有が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Google Maps(Googleマップ)」のスマートフォン向けアプリで提供しているナビゲーション機能に関して、ナビ中に自分の現在地と目的地への到着予定時刻(ETA)を待ち合わせ相手などへリアルタイム通知する機能をiOS版アプリに追加した。Android版アプリでは、同様の機能が以前から利用可能だった。

iOS版Googleマップでも現在地とETAの共有が可能に(出典:Google。赤丸は筆者)
iOS版Googleマップでも現在地とETAの共有が可能に(出典:Google。赤丸は筆者)

 現在地とETAをほかの人へ伝えるには、まずGoogleマップで目的地を検索し、自動車や徒歩、自転車での経路検索を実行する。適切なルートを選んでナビを開始した後、画面下部に表示される「^」(Android版)または「-」(iOS版)ボタンを使って下に隠されているメニューを上へ引き出せば、「移動状況を共有」が現れる。

 これを選ぶと、家族や知人のGoogleアカウントを選択できて、リアルタイムに状況を知らせられる。目的地に到着すると、共有機能は自動的に終了するという。

Android版アプリの操作手順(左上から時計回り。出典:Google。赤丸は筆者)
Android版アプリの操作手順(左上から時計回り。出典:Google。赤丸は筆者)
iOS版アプリの操作手順(左上から時計回り。出典:Google。赤丸は筆者)
iOS版アプリの操作手順(左上から時計回り。出典:Google。赤丸は筆者)

 また、iOS版アプリへの機能追加に合わせ、Android版およびiOS版の両方で共有手段としてFacebookメッセンジャーやWhatsApp、LINEなども選べるようにした。

現在地とETAをリアルタイム通知(出典:Google)
現在地とETAをリアルタイム通知(出典:Google)

「移動状況を共有」機能の紹介ビデオ(出典:Google/YouTube)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]