logo

マイクロソフト、支出追跡アプリ「Spend」をリリース--米App Storeで

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2018年10月22日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、新しい支出追跡アプリのプレビュー版を公開した。走行距離追跡アプリ「MileIQ」の開発元であるMobile Data Labs(2015年にMicrosoftが買収)の元従業員らが開発した新アプリ「Spend」は、インキュベーションプロジェクト「Microsoft Garage」の産物の1つだ。

新アプリ「Spend」
新アプリ「Spend」
提供:Microsoft

 Spendの狙いは、企業や個人のユーザーが返済や税の支出を追跡できるようにすることだ。ユーザーは、支出に関する週間や月間のレポートを、スプレッドシートやPDFの形式で入手できる。Spendを利用すると、レシートと購入品の照合や、支出の分類とタグ付けもできる。

 Spendは、Appleの米国向けApp Storeで提供されており、「iOS 10.0」以降を搭載する「iPhone」「iPad」「iPod touch」に対応する。

 SpendはMicrosoft Garageから誕生したアプリのため、試験的なものである可能性もある。Microsoftは、フィードバックや需要に基づいてMicrosoft Garageのアプリを商品化することもあれば、打ち切ることもある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]