logo

インテル、製造グループを3部門に分割する計画か

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年10月18日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Oregonianが報じたところによると、Intelは製造グループを3部門に分割する予定だという。

 またThe Oregonianによると、テクノロジおよび製造グループのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるSohail Ahmed氏が11月に退職する予定であり、それとともにこの組織再編が計画されているという。Intelは今週、従業員に宛てた電子メールの中で、Ahmed氏の退職と同グループの再編について発表している。米ZDNetはメールの内容を入手した。

 The Oregonianによると、3つの新部門はVenkata "Murthy" Renduchintala氏の管轄下に置かれるようだ。Renduchintala氏はIntelのテクノロジ、システムアーキテクチャ及びクライアントグループの最高エンジニアリング責任者兼グループプレジデントだ。

 3つの新部門は、Intelの最高技術責任者(CTO)のMike Mayberry氏が率いるテクノロジ開発部門、Ahmed氏と共にテクノロジおよび製造グループのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるAnn Kelleher氏が率いる製造およびオペレーション部門、グローバルサプライマネジメント担当ゼネラルマネージャーのRandhir Thakur氏が率いるサプライチェーン部門で構成されるという。

 Renduchintala氏は従業員宛ての電子メールの中で、「われわれは組織を継続的に進化させ、広範の先進的なIPやアーキテクチャ、パッケージング技術が促す自社の成長を実現しなければならない」と述べた。

 同氏はさらに、「Sohailと、Intelのチーム全体の取り組みのおかげで、当社の10nmは順調に進歩している」とし、4月に発表した予定通りに進められており、2019年のホリデーシーズンにシステムが店舗に並ぶ見通しだと述べたという。

 Intelは当初、10nmプロセッサを2015年にリリースする計画だったが、4月に発表した第1四半期決算報告書の中で、10nm製品を少量だけ出荷していることを明らかにした。

Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]