logo

アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始

加納恵 (編集部)2018年10月15日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AIホームやIoT機器、アプリの開発、販売を手がけるアクセルラボが10月15日、スマートホームデバイス「alyssa.play」を発表した。同日から「Makuake」でクラウドファンディングを実施している。

 alyssa.playは、ゲートウェイ、家電コントローラ、開閉センサ、温度、照度センサなど5製品がセットになった「スターターキット」(価格:1万4800円~)と、スターターキットに360度回転するカメラ、人感センサを加えた「スターターキットプラス」(同:2万5800円~)の2タイプを用意。外出先からエアコンやテレビ、照明などのオン、オフができるほか、スマートスピーカを用いた家電のコントロール、環境センサを使って温度や湿度の確認などが可能だ。

「スターターキット」(セット内容:Smart Station 、SPOT、CUBE Clicker、CUBE Door/Window Sensor、CUBE Environmental Sensor)
「スターターキット」(セット内容:Smart Station 、SPOT、CUBE Clicker、CUBE Door/Window Sensor、CUBE Environmental Sensor)
「スターターキットプラス」(セット内容:Smart Station 、SPOT 、CUBE Clicker、CUBE Door/Window Sensor 、CUBE Environmental Sensor 、CUBE Motion Sensor 、FRAME 360)
「スターターキットプラス」(セット内容:Smart Station 、SPOT 、CUBE Clicker、CUBE Door/Window Sensor 、CUBE Environmental Sensor 、CUBE Motion Sensor 、FRAME 360)

 デバイスは、すでに世界で数百万の販売実績を持つ、LifeSmart製、Danalock製を採用。いずれもアクセルラボが開発した専用アプリ「alyssa.play」(2019年5⽉よりDL開始予定)を使って、スマートフォンから操作ができる。

 オプションとして、スマートLEDライト「BLEND Light Bulb」とスマートロック「danalock V3 Z Wave」も用意。今回Makuakeで販売するキットは、2年間分のalyssa.play基本システム利⽤料(今後は⽉額300円程度を予定)を無料で提供し、2年間⽉額料⾦がかからない。今後も機能の追加を予定しており、オプション機能利⽤時に ⽉額料⾦が発生する可能性があるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]