logo

グーグルのPixel 3を「今回は見送った」--auが秋冬モデル5機種を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは10月11日、秋冬モデルとなるauの新商品5機種を発表した。同日には、KDDI商品企画本部 プロダクト企画部長の大井龍太郎氏が登壇し、スマートフォンやフィーチャーフォンの新機種を紹介しながら、各端末の魅力や狙いを説明した。

KDDIが発表したauの秋冬商戦向け新機種。スマートフォンが4機種、フィーチャーフォンが1機種の計5機種を投入する
KDDIが発表したauの秋冬商戦向け新機種。スマートフォンが4機種、フィーチャーフォンが1機種の計5機種を投入する

 なお、この前日となる10月10日には、グーグルが新型スマートフォン「Pixel3」「Pixel 3 XL」を発表したが、KDDIは携帯大手3社の中では唯一取り扱っていない。その理由について大井氏は、「ラインアップを考える中で今回紹介する5機種となり、(「Pixel3」「Pixel 3 XL」は)今回は見送った。ただグーグルとはいろいろな方面で話をしているので、次機種以降は顧客の声や市場の動向を見ながら検討していきたい」と答えた。

ハイエンドから初心者向けまで5機種を投入

 新たに投入するスマートフォンの1機種目は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia XZ3」。同社製スマートフォンでは初となる6.0インチの有機ELディスプレイを搭載し、前機種となる「Xperia XZ2」より大幅な薄型化を実現している。

「Xperia XZ3」は有機ELを採用したことで、美しい映像だけでなく薄型化も実現。側面をダブルタップしてアプリを呼び出しやすくする「サイドセンス」などの機能も搭載
「Xperia XZ3」は有機ELを採用したことで、美しい映像だけでなく薄型化も実現。側面をダブルタップしてアプリを呼び出しやすくする「サイドセンス」などの機能も搭載

 2つ目は、サムスン電子製の「Galaxy Note9」で、6.3インチの大画面有機ELディスプレイを搭載するだけでなく、Galaxy Noteシリーズの特徴の1つでもある「Sペン」をアップデート。新たにBluetoothを搭載したことにより、Sペンで離れた場所から本体を操作する、リモートコントロールが可能になった。

「Galaxy Note9」は大画面の有機ELディスプレイなどの特徴はそのままに、SペンにBluetoothを搭載し、Sペンから本体をリモート操作できるようになった
「Galaxy Note9」は大画面の有機ELディスプレイなどの特徴はそのままに、SペンにBluetoothを搭載し、Sペンから本体をリモート操作できるようになった

 そして3つ目は、シャープ製の「AQUOS sense2」。18:9比率のIGZO液晶ディスプレイを搭載したことでディスプレイサイズが5.5インチとなり、前機種「AQUOS sense」との比較で画面のアプリ表示領域が23%拡大したことに加え、防水やFeliCaなどの機能をしっかり押さえたことで、幅広い層に向けたモデルとなっている。

「AQUOS sense2」は充実した機能はそのままに、縦長比率の5.5インチディスプレイを搭載したことで、より大画面で見やすくなった
「AQUOS sense2」は充実した機能はそのままに、縦長比率の5.5インチディスプレイを搭載したことで、より大画面で見やすくなった

 大井氏によると、今回の秋冬モデルでは「もっと、“楽しもう”」というテーマを掲げており、これら3機種では3つの楽しさを提案することに力を入れているとのこと。1つ目は“エンタメ”を楽しむための機能で、auでは現在、Netflixのサービスをセットにした「auフラットプラン25 Netflixパック」の販売に力を入れていることから、特に映像コンテンツを楽しみやすくすることに注力したという。

秋冬モデルのラインアップについて説明するKDDIの大井氏
秋冬モデルのラインアップについて説明するKDDIの大井氏

 実際、Xperia XZ3やGalaxy Note9はいずれも6インチ超の大画面有機ELを搭載しており、HDRコンテンツに対応するなど映像や音響に力が入れられている。また、AQUOS sense2も大画面化されたことにより、手ごろな価格ながら映像コンテンツを楽しみやすくなっていると、大井氏は説明する。

KDDIはNetflixとのセットプランの販売に力を入れていることから、今回のラインアップでは映像コンテンツが楽しめることを重視している
KDDIはNetflixとのセットプランの販売に力を入れていることから、今回のラインアップでは映像コンテンツが楽しめることを重視している

 2つ目は“写真”で、3機種ともに被写体を自動的に認識して適切な撮影モードを選んでくれる機能を搭載しているという。さらに、Xperia XZ3は、本体を横に構えるだけでカメラがすぐ起動する「スマートカメラ起動」を搭載しているほか、Galaxy Note9はSペンのリモート操作で、離れた場所からカメラのシャッターを押すことができるという。

 そして3つ目は“選べる”、つまりカラーバリエーションが豊富で色を楽しめるラインアップになっていることだという。従来のGalaxy Noteシリーズでは2色までの展開だったが、Galaxy Note9ではスペシャルカラーとして「ラベンダーパープル」を用意。また、AQUOS sense2でも、au限定の「アイスグリーン」が用意されている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]