logo

次元を超えたアイマスMRライブの双海亜美・真美公演で感じた“夢のような時間”

佐藤和也 (編集部)2018年10月08日 19時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET Japanの編集記者が日々の取材や暮らしの中で気になったサービスやウェブで話題のトピックなど気になっていることを紹介していく連載「編集記者のアンテナ」。主にゲームを中心としたエンターテイメント領域を取材している佐藤が担当。今回は、10月7日に神奈川県横浜市にあるDMM VR THEATERにて行われたホログラフィックライブイベント「THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆2nd SEASON」における双海亜美・真美主演公演の模様をお伝えする。

次元を超えたと感じさせる「アイドルマスター」のMRライブイベントで、双海亜美・真美の双子アイドルが主演した
次元を超えたと感じさせる「アイドルマスター」のMRライブイベントで、双海亜美・真美の双子アイドルが主演した

 DMM VR THEATERは、ペッパーズゴーストと呼ばれる仕組みを活用し、ステージでキャラクターが実在しているかのように映し出すことができるCG映像専用の常設劇場。多層的な映像表現のほか、ステージは人間も立つことができるためキャラクターと共演することも可能。現実世界と仮想世界を融合させたMR(Mixed Reality:複合現実)の世界も表現できる。

 この施設設備を活用して、バンダイナムコエンターテインメントが展開している「アイドルマスター」のキャラクターによる「THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆」を4月から5月にかけて実施。そして第2弾となる2nd SEASONを、9月15日から10月8日まで開催した。

公演の様子
公演の様子

 登場するのは、長年シリーズをけん引してきた765PRO ALLSTARSのアイドルたち。公演では日替わりで主演アイドルが設定されており、そのアイドルにスポットをあてた特別な演出が用意。リアルなダンサーとともにソロ曲を披露したり、客席と双方向のコミュニケーションを交えながら進行するトークパートなど、次元を超えたと感じさせるステージが特徴となっている。大まかな公演内容は、すでに第1弾の天海春香公演、第2弾の萩原雪歩公演を掲載しているので参照いただきたい。

 双海亜美・真美は765PRO ALLSTARSの最年少アイドル。いたずら好きかつ元気な双子姉妹で、真美が姉、亜美が妹となっている。2人の主演公演は、この日が初めてかつ、第2弾のなかでは1日限りとなっていた。なお本稿では、3公演行われたうちの3回目の模様となっている。

左が双海亜美、右が双海真美。顔が似ているため、髪を結んでいるのが右か左かで見分けることが可能
左が双海亜美、右が双海真美。顔が似ているため、髪を結んでいる位置(左右)と、その長さで見分けることが可能

 これまでと同様に、13人のアイドルがかわるがわる登場し楽曲を披露するユニットライブパートを経て、主演ソロパートに突入し2人が登場。真美の楽曲「放課後ジャンプ」を、ダンサーとともに息の合ったステージパフォーマンスを披露した。

「放課後ジャンプ」
「放課後ジャンプ」
2人とダンサーが、息の合ったステージを展開
2人とダンサーが、息の合ったステージを展開

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]