logo

コード決済「PayPay」がサービス開始--ソフトバンクとヤフーの合弁会社が運営

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクとヤフーの合弁会社であるPayPayは10月5日、バーコード(1次元バーコード、QRコード)を使った実店舗でのスマートフォン決済サービス「PayPay」の提供を開始したと発表した。

キャプション

 PayPayは、あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネー(PayPay電子マネーまたは、Yahoo!マネー)と、クレジットカードによる2種類の支払いに対応。決済時は、店舗などの事業者が表示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式と、利用者がアプリで表示したバーコード(バーコード、QRコード)を店舗側がレジなどで読み取る「ストアスキャン」方式の2通りが存在する。

 ヤフーでは、同社のウォレットサービス「Yahoo!ウォレット」にて、スマートフォン決済サービスを提供しているが、PayPayのサービス開始に伴い、近く提供を終了する。また、「Yahoo! JAPAN」アプリからもPayPayのサービスが利用できるようになるという。

キャプション
利用の流れ

 利用は、PayPayアプリをダウンロードし、電話番号による認証だけで利用登録できるという。また、サービスローンチにあたり、新規利用登録したすべてのユーザーに500円相当のPayPay電子マネーを付与する。また、加盟店向けには、2021年9月末までの3年間、ユーザースキャン方式の決済手数料を無料にする。さらに、「Alipay」が認可されたQRコード設置店でのAlipay決済(今秋提供開始予定)の手数料も、2019年9月末まで無料としている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]