logo

「Googleアシスタント」にUberやLyftなど配車サービスの選択を支援する機能

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年10月05日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Googleアシスタント」が、ユーザーの配車予約をアクティブに支援するようになる。Googleアシスタントに、空港や近くのレストランまでの配車サービスを依頼すると、スマートフォンでGoogleアシスタントが、UberやLyftなどの人気の高い配車サービスアプリからの情報を表示してくれる。ユーザーが待ち時間や価格の比較情報を確認し、いずれかのサービスを選択すれば、予約を完了できるようGoogleがそのアプリを提示してくれる。

 リリース時点では英語のみに対応するが、今後世界中で複数の配車サービスに対応する予定だ。「iPhone」と「Android」スマートフォンで利用可能だが、iPhoneユーザーは、 Googleアシスタントと「Googleマップ」をインストールする必要がある。

 「Google Home」などのスマートスピーカでも、この機能を利用できる。

 Googleアシスタントは配車の予約をするのではなく、ユーザーが選択したアプリを提示する。その狙いは、ユーザーに十分な情報を提供し、複数のアプリをスクロールして多数の選択肢を調べずに済むようにすることだ。

Googleアシスタント
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]