logo

リコー、高性能コンデジ「GR III」を開発発表--手ブレ補正搭載、2019年春発売へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは9月25日、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「GR」シリーズの最新モデルとなる「RICOH GR III」の開発を発表し、9月26日から9月29日まで、ドイツ・ケルンにて開催される世界最大規模の写真・イメージングの総合見本市「フォトキナ2018」に参考出品すると発表した。なお、2019年春の発売を予定している。

キャプション

 GRシリーズは、コンパクトフィルムカメラを含め20年を超える歴史を持ち、高画質や速写性、携帯性を追求。現在開発中のGR IIIは、新開発のレンズをはじめ、イメージセンサや画像処理エンジンなどの主要デバイスを全て一新。さらなる高画質化を追求するとともに、各種機能やユーザーインターフェースを強化・刷新している。

 撮像素子は、APS-CサイズのCMOSセンサ(有効画素数約2424万画素)。センサシフト式(3軸補正)の手ブレ補正機構を搭載し、ローパスセレクター(手ブレ補正ユニットを用いたモアレ低減機能)やダストリムーバル(超音波振動による撮像素子クリーニング機能:DR II)などを搭載する。

 レンズ構成は、4群6枚(非球面レンズ2枚)。焦点距離は、18.3mm(35mm判換算で約28mm相当)。F値は、F2.8〜F16。撮影範囲は標準時でレンズ先端から約10cm〜無限遠、マクロモード時は約6〜12cm。

 液晶モニタには、静電容量式の3型タッチパネル(約103.7万ドット、アスペクト比3:2)を搭載。外部インタフェースとして、USB Type-C端子(充電に対応)を備えている。記録メディアは、SDXC/SDHC/SDメモリーカード(UHS-I規格対応)。内蔵メモリは約2GB。無線LAN(Wi-Fi)も搭載し、IEEE802.11b/g/nに対応する。

 サイズ(約)は、幅109.4×高さ61.9×厚さ33.2mm。重量(約)は257g(バッテリー、記録メディア込み)、227g(本体のみ)。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]