logo

グーグル、「Wear OS」のデザインを刷新--スワイプ操作で素早く情報表示

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月30日 08時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月29日、ウェアラブルデバイス向けに設計された「Wear OS by Google」のデザイン刷新を発表した。アップデートには、新しい通知ストリーム、アクティビティフィード、「Google Assistant」の情報フィードなどが含まれる。

 提供される機能はデバイスメーカーや、スマートフォンのOSによって異なるが、アップデートは今後数週間のうちにロールアウトされる。

 9月10日にはQualcommがイベントを開催し、スマートウォッチ用の新しいプロセッサを発表すると予測されており、今回のアップデートはその直前というタイミングで発表された。新しいプロセッサと新しいソフトウェア設計を携え、GoogleのWear OSは、同じく9月にアップデートされると目されるAppleのスマートウォッチを迎え撃つことになる。

提供:Google
提供:Google

 このたびの変更により、メインの盤面で右方向にスワイプすると、Assistantの情報フィードが表示されるようになった。ここに天気やフライト情報、旅行中のホテル日程などの情報が表示され、自分の予定の最新情報を確認できる。

 新しい通知フィードは、これまでどおり上方向のスワイプで表示される。デザインはAssistantフィードと同じだ。スマートリプライのオプションが用意され、これをタップすることで、スワイプとタップの操作で複数の画面を行き来せずに簡単に返信することができる。

 最後に、先日発表された「Google Fit」アプリのアップデートを反映し、盤面を左方向にスワイプして、健康状態を確認したり、ワークアウトを開始したりできるようになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]