logo

フィットネスアプリ「Google Fit」、運動をさらに促す2つの新機能

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月22日 08時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月21日、「Google Fit」の新機能を発表した。Google Fitは、ユーザーがフィットネスの目標を設定して自分の運動量を確認するためのプラットフォームで、今回の新機能は1日を通して少し体を動かそうとユーザーに促すことを目的としている。

Google Fit
Google Fit
提供:Google

 今回追加されるのは、「Move Minutes(通常の運動)」と「Heart Points(強めの運動)」という機能だ。Move Minutesは、エレベーターの代わりに階段を使うなど、毎日の習慣に少し運動を取り入れるように促すもの。ヨガなど、他の種類の動きも考慮に入れるので、単に歩数を数えるだけの機能とは異なる。1日あたり100分など、Move Minutesの目標をアプリで設定し、自分の進捗状況を確認することができる。

 Heart Pointsは、心拍数を上げるようにユーザーを促すものだ。歩行中に一定の心拍数に達すると、そのきびきびした活動の1分ごとに1ポイントを獲得できる。バスケットボールやキックボクシングなど、さらに激しい運動をした場合は2倍のポイントを獲得できる。Googleによると、アメリカ心臓協会(AHA)や世界保健機関(WHO)と連携してこれらの新機能を開発したという。

 Google Fitアプリは、「Android」搭載スマートフォンや、Googleの「Wear OS」を搭載するスマートウォッチで提供されている(Android搭載スマートウォッチを「iPhone」とペアリングしている場合でも、iPhone用のWear OSアプリを介してMove MinutesやHeart Pointsが利用できる)。これらの新機能は、スマートフォンまたはウォッチのセンサを利用して、異なる種類の動きを検出するという。

 Google Fitの新機能は健康促進を目的としたものだが、同社がユーザーについてどれだけのデータを収集できるかを思い出させるものでもある。Associated Pressが先週、Googleアプリのロケーション履歴をオフにしても、Googleはユーザーの物理的な位置を追跡し続けていると報じたことで、同社は批判を浴びた。Googleは数日後にヘルプページで設定に関する説明文を変更し、位置追跡について明確化した。

 Move MinutesとHeart Pointsは今週から提供を開始するとGoogleは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]