logo

世界初、自動運転タクシーの営業走行を実施--ZMPと日の丸交通が実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ZMPは8月27日、日の丸交通と自動運転タクシーによる公道営業実証実験を開始したと発表した。期間は、8月27日から9月8日まで。運行回数は1日4往復を予定している。料金は片道1500円(税込)。

キャプション

 同実証実験は、ZMPが開発した自動運転車両「RoboCar MiniVan」を用い、タクシー事業者として日の丸交通が自動運転タクシーを走行させる。ルートは、大手町フィナンシャルシティグランキューブ(東京都千代田区)と六本木ヒルズ(東京都港区)を結ぶ約5.3kmで、需要の多い都心部路線でのドライバー不足の解消などの活用策や、ICT技術を活用した配車サービスを検証する。

キャプション

 なお実証実験は、自動運転技術の実用化を一層加速するために東京都が2018年度より開始した支援事業「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に選定されており、国と東京都が共同で設置する「東京自動走行ワンストップセンター」の支援を受けて実施されるという。

 両社は、2020年の自動運転タクシーの実用化を目指し、2017年6月より協業を開始。熟練タクシードライバーの走行データの収集や、運転ノウハウのヒアリングなどを通して、交通の流れに沿った自然な走行の実現や乗り心地の向上など、自動運転アルゴリズムを改良している。

 今回の実証実験において、日の丸交通ドライバーは、自動運転車両の操作を座学とテストコースで習得し、安全な走行をサポートするという。また、同社は自動運転タクシー用の配車システム開発のほか、利用希望者が自動運転タクシーを予約し乗車するためのスマートフォンアプリ、ルート確認・降車時の決済操作などを行う車内タブレットアプリ、遠隔地で走行を監視するシステムを構築し、タクシーサービスの運営をサポートする。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]