logo

グーグル、「ロケーション履歴をオフにしても位置情報を追跡」との指摘

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月14日 08時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Associated Press(AP)の調査によると、「Android」搭載端末や「iPhone」上のGoogleサービスは、ユーザーがプライバシー設定でロケーション履歴をオフにしても、そのユーザーの位置データを追跡して保存するという。

 ロケーション履歴はいつでもオフにできるが、オフにしても、一部のGoogleアプリはタイムスタンプ付きの位置データを保存すると、APは報じている。また、Googleがこの位置データを、ユーザーの具体的な位置に基づく広告のターゲティングに利用しているとも報じている。

 ロケーション履歴をオフにすると、「Googleマップ」のタイムラインから位置情報が削除されるようにみえる。タイムラインは、Googleのデータに保存された、ユーザーがこれまでに訪れた場所を表示する機能だ。

 myactivity.google.comでは、デフォルトでオンになっているウェブとアプリのアクティビティの追跡をオフにし、ロケーション履歴を削除することができる。

 自分がGoogleに追跡されているかどうかを確認するには、Googleマップのタイムラインに移動する。そこで自分の端末のロケーション設定を確認して変更することができる。

 「ロケーション履歴は、完全にオプトイン型のGoogle製品で、ユーザーはいつでもそれを編集、削除、またはオフにすることができる」とGoogleの広報担当者は電子メールの声明で述べ、「記事に書かれているように、ロケーション履歴を利用するユーザーに対しては、この製品をオフにしても、Google検索や、Googleを利用して走行ルートを表示する場合などのGoogleエクスペリエンスを改善するために、当社が位置情報を引き続き使用することを、確実に通知している」とした。

 Googleの広報担当者はAPに対する声明で、「Googleは、多数の異なる方法でユーザーのエクスペリエンスを改善するために位置情報を利用する場合がある。例えば、ロケーション履歴やウェブとアプリのアクティビティ、デバイスレベルのロケーションサービスを通して、これを行っている。これらのツールについては明確に説明するとともに、堅牢な制御を用意して、ユーザーがいつでもそれをオン/オフしたり、履歴を削除したりできるようにしている」と述べた。

Googleマップ
Googleマップ
提供:NurPhoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]