logo

HTCのVRコンテンツストア「Viveport」が「Oculus Rift」に対応

Joan E. Solsman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月20日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTCの仮想現実(VR)ヘッドセット「VIVE」向けのコンテンツストアである「Viveport」が、最大のライバルであるハイエンドヘッドセット「Oculus Rift」でも利用できるようになる。つまり、Viveportに掲載されている体験やNetflix風のサブスクリプションオプションを、Oculus Riftの所有者も利用できるようになる(ただし、開発者が自分のタイトルをオプトインしている場合に限る)。正式な提供開始は9月4日を予定している。

Oculus Rift
Oculus Rift
提供:James Martin/CNET

 IT大手各社はコンピューティングにおける次の大きな波としてVRを売り込んでいるが、コンテンツが悩みの種になっている。GoogleやFacebookなどの企業が多額を投じ、VRを大々的に宣伝しているが、VRはまだ広範な普及には至っていない。

 ViveportがOculus Riftに対応することにより、Viveportで提供されているあらゆるタイトルのオーディエンスが、大幅に増える可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]