logo

グーグル、新ストレージサービス「Google One」を米国で一般提供開始

Gordon Gottsegen (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ) 編集部2018年08月16日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのクラウドストレージ「Google One」が米国で一般提供を開始した。これまでのGoogleドライブのストレージプランに代わり、ユーザーは今後、GoogleのオンラインストレージとしてGoogle Oneを利用することになる。

提供:Google/Screenshot by Gordon Gottsegen/CNET
提供:Google/Screenshot by Gordon Gottsegen/CNET

 Googleが新たなストレージサービスGoogle Oneを発表したのは5月のことだったが、これまではGoogleドライブの有料ストレージプランを利用するユーザー限定のサービスだった。しかし、同社は米国時間8月15日、Googleドライブのアカウントを持っていない人もGoogle Oneのプランに登録可能になったと明らかにした

 新サービスの導入により、Googleドライブは廃止されるのだろうか?そういうわけではない。ただし、「Googleドライブ」という名前は今後、自分用のオンラインストレージにファイルをアップロードできる「Dropbox」的なサービスのみを指すものとなる。

 今までのGoogleドライブは、こうしたオンラインストレージに加え、「Gmail」および「Googleフォト」で共有できるGバイトクラスのオンラインストレージの総称でもあった。だが今後は、これらすべてがGoogle Oneと呼ばれることになる。ユーザーは今後、Google Oneでストレージを購入し、「Google One」アプリでそのストレージを管理することになると、Googleは米CNETに対して説明した。

 また、この名称変更に伴い、いくつかの新しい機能が追加された。たとえば、Google Oneでは、1つのストレージプランを最大5人の家族と共有できるようになる。さらに、他のGoogle製品のカスタマーサポートも「1回のタップ操作」で利用可能になるとGoogleは述べている。このサポート対象には、スマートフォンの「Pixel」やスマートスピーカの「Google Home」といったGoogleのハードウェア製品も含まれるようだ。

 さらに、GoogleによればGoogle Playでアプリや音楽、映画の購入に利用できるクレジットや、Google検索で見つかったホテルの割引などの特典があるという。

 同社のブログによると、Google OneではGoogleドライブのときと同じように、アカウントごとに15Gバイトのストレージが無料で提供される。有料ストレージは100Gバイト~30テラバイトの範囲でオプションを選ぶことが可能だ。

 米国を皮切りに他の国でも、Googleドライブの個人向け有料プランは向こう数週間のうちにGoogle Oneにアップデートされると同社は述べている。ビジネス用の「G Suite」は影響を受けないという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]