logo

「iPhone」用チップなど製造のTSMC、工場でコンピュータウイルス感染

CNET News staff  翻訳校正: 編集部2018年08月06日 08時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」用チップなどを製造する半導体受託生産の台湾のTaiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)は現地時間8月3日夜、複数の工場がコンピュータウイルスの影響で停止する事態に見舞われたという。ただし、iPhone用コンポーネントの製造に影響があったかどうかは不明だと、Bloombergは4日の記事で報じている。

TSMCの工場がウイルスに感染
提供:Getty Images

 TSMCはBloombergに対し、ウイルスはハッカーによるものではないと述べた。同社は問題に対処し、影響を受けたツールの80%が復旧したとしているが、6日に完全に復旧する見通しだと述べている。

 TSMCの最高財務責任者(CFO)であるLora Ho氏はBloombergに対し、「TSMCはこれまでにもウイルスの被害に遭ったことがあるが、ウイルス感染で製造ラインが影響を受けるのは今回が初めてだ」と述べた。米CNETはTSMCにさらなるコメントを求めたが、すぐに回答は得られなかった。Bloombergによると、TSMCは6日に追加情報を公表する予定だという。

 影響を受けた工場でAppleのiPhone用チップの製造に関わっていたかどうかについて、Ho氏はBloombergに明らかにすることを控えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]