logo

「Chrome」がVRヘッドセット「Daydream View」に正式対応、シネマモードも追加

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月31日 08時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの仮想現実(VR)プラットフォーム「Daydream」は、「YouTube」や「Googleストリートビュー」に対応しているが、今回これに「Chrome」が加わった。

 Googleは米国時間7月30日、「Android」向け「Chrome」アプリが同社のVRヘッドセット「Daydream View」およびレノボ製のスタンドアロン型ヘッドセット「Mirage Solo」に対応したことを発表した。FacebookのスタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Go」やサムスンの「Gear VR」には既にウェブブラウザが組み込まれているので、遅すぎたともいえる動きだ。Googleはこれまでに、Chromeの複数のバージョンによってDaydreamでウェブを閲覧するためのより実験的な方法を用意したことがあるが、今回の新しいスタンドアロンアプリは、未解決だった部分をすべて解決した完全なソリューションとなっているはずだ。

 Daydream上のChromeでは、従来のChromeの機能に加えて、動画再生をVR向けに最適化した「シネマモード」などが利用できる。GoogleのYouTubeアプリが最近、サムスンのGear VRに対応したことで(ただしOculus Goには対応していない)、GoogleのVR対応動画は以前よりも視聴しやすくなった。Chromeは、ウェブ上のYouTube以外のVR動画を、Daydreamユーザーにとって少し再生しやすくする効果をもたらすはずだ。

GoogleのDaydream
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]