logo

シャープ、成田空港ラウンジに8Kテレビを導入--「和」のコンテンツでおもてなし

加納恵 (編集部)2018年07月26日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、成田空港の航空会社共有ラウンジ「NARITA PREMIER LOUNGE」に、8K対応液晶テレビ「LC-70X500」を導入したと発表した。「和」を感じられる着物、折り紙、菓子、風景などのコンテンツを視聴できる。

 ラウンジは、成田空港第1ターミナル第1サテライト4階に設けられ、8~21時まで営業する。イタリアのカッシーナ製の椅子を用意しているほか、和を感じられる和室も用意する。

 座席数は148席。8Kテレビのほか、受付のモニタも「AQUOS 4K」を使用しており、ラウンジ内にはシャープ製モニタ5台が導入されている。

和室も用意
和室も用意
受付のモニタも「AQUOS 4K」を使用
受付のモニタも「AQUOS 4K」を使用

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]